セレコーポレーションと大東建託 アパート経営比較

「セレコーポレーション」と「大東建託」どちらがいいのか?

 

セレコーポレーション」と「大東建託

 

どちらの会社に土地活用のアパート経営を託すことがベストなのでしょうか?

 

 

 

そんなことを思いながらネットを見ているあなた!

 

あなたのその行為は時間の無駄です。

 

ネット上には「セレコーポレーション」と「大東建託」のどちらが良いかの

 

明確な答えはネットにはありません。

 

 

 

 

 

 

私が明確な答えを差し上げましょう。

 

明確ですよ。

 

ハッキリと明確な答えですよ。

 

こちらのサイトから「セレコーポレーション」と「大東建託」のアパート経営プランを請求してください。すると10日ほどで、自宅にアパート経営プランがそれぞれの会社から届きます。

 

 

 

 

【アパート収益プラン】その内容は

 

アパート収益プランのその中身は以下の物となります。

  • 「建築見積もり」
  • 「収支計画書」
  • 「アパート経営プラン」
  • 「市場調査」

です。
これらの資料が「セレコーポレーション」と「大東建託」からそれぞれ送られてきます。

 

「建築見積もり」

「収支計画書」

「アパート経営プラン」

「市場調査」

 

ですよ。

 

これ以上の比較検討資料はありません。

 

「セレコーポレーション」と「大東建託」のどちらが優れているかの

 

答えは明確にはっきりと出るでしょう。

 

出ない方がおかしいくらいの比較資料です。

 

再度言いますよ。

 

  1. 「建築見積もり」
  2. 「収支計画書」
  3. 「アパート経営プラン」
  4. 「市場調査」

 

ですから・・・・

 

判断できない人はアパート経営はやめておきましょう。

 

 

 

アパート経営の正確な情報はネットにはない!!
 

アパート経営のことについてあなたは調べていたのでしょう。ネットを利用して。

 

しかし、ネット上にはアパート経営に関する正確な情報は少ないと言ってよいでしょう。勿論、セレコーポレーション公式サイトや大東建託の関連会社が運営する公式ブログなどには、正確な情報が書いてありますが、そのほかのサイトの情報は鵜呑みにしない方が身のためです。

 

各社のアパートの仕様や構造をまとめて比較しているサイトがありますが、それらはすべて個人が作成したサイトです。

 

どこの誰がかいているかわからないアンオフィシャルなサイトです。

 

さらにはアパート経営に関することも全く知らない素人が作成したサイトです。

 

ド素人が公式HPや様々な資料を見て作成した情報です。

 

正確な情報である可能性のほうが少ないでしょう。

 

彼らの目的は広告収益です。

 

アフィリエイトと呼ばれているものです。


※こちらからどうぞ!!

 

 

 

アパート経営は学生と独身社会人の二兎を追え

どんな物件を買うのか。自分が住むためではなく、投資で不動産を購入する場合に何よりも重要なのは、「入居者募集に苦労しない物件かどうか」です。よく不動産投資をすすめる本には、「利回りこそ優先すべき」と書いてありますが、たとえ今の利回りは高い物件でも、入居者が退去したあと、なかなか次の入居者が決まらないような物件だと困ったことになります。入居者がいないのですから賃料は入りません。当然、買う前にいわれていた利回りなんて確保できません。

 

 

そのうえ、たとえば管理費や修繕積立金などは、入居者がいようがいまいが払わなければならない費用ですから、その支払いは持ち出しになってしまいます。実際、利回りの高い物件は、売り主の事情で売り急いでいる物件でなければ、賃貸募集をするうえでなんらかのネックがある物件が多いのです。それでは、入居煮募集に苦労しない物件とはどんな物件なのでしょう。その答えはズバリ、「立地」です。ファミリータイプよりもワンルームのほうが圧倒的に賃貸需要が高いので、投資用なら絶対にファミリーよりもワンルームです。そのワンルームの主要顧客は、学生と独身社会人です。その両方にとっての好立地こそが、入居者募集に苦労しないポイントです。
大東建託もセレコーポレーションも万全の体制で入居書募集を行ってくれるでしょう。

 

事務所使用可であれば、貸せる対象がさらに広がりますが、事務所ニーズと社会人ニーズしかないエリアは地域の需給バランスによって苦戦することもあります。そのくらい、学生ニーズは重要なのです。入居者が部屋を決める際に重視するポイントは、家賃、学校や最寄り駅からの近さ、日当たりや設備、間取りや広さなどいくつかありますが、非常に重要なのは「家賃」です。条件をかなえるために、家賃が希望額よりも高くてもかまわないという入居希望者は少数派です。そしてその次が、「最寄り駅」や「沿線・エリア」です。希望の最寄り駅に希望家賃で住めるのであれば、あとの条件は譲歩する、というのが一般的な入居希望者の行動様式です。極端にいえば、北向きでも、築年数が経過して設備が古くても、部屋が多少狭くても「立地」がよければ入居者はいます。

 

 

アパート経営は地方よりも首都圏

必ず首都圏の物件をおすすめしているのですが、その最大の理由は地方都市は人口減少のリスクが高いことにあります。今でも、日本は神奈川・千葉・埼玉の首都圏1都3県に人口が集中していますが、今後もこの首都圏集中傾向は進むことはあっても、緩和されることはないでしょう。人口減少のリスクにさらされている場所を避ける、というのは不動産投資の鉄則中の鉄則です。大東建託もセレコーポレーションも都心部に力を入れています。

 

札幌、仙台、名古屋、大阪といった地方の大都市といえども、人口減少リスクにさらされていることに違いはありません。福岡は最近、中国本土、台湾、韓国から近いこともあり、商業施設が増えています。このため、従業員も増え、人口は増加傾向にあります。ただ、それでも賃貸マーケットの規模は首都圏とは比べものになりません。最近では海外に工場を移転していた企業が、逆に国内に戻す動きがあります。工場が戻ってくる場所の周辺は、賃貸ニーズが飛躍的に向上する可能性はあるのですが、そういった場所は隕られますし、本格的に工場新設が決定するころには不動産価格は上がりきっている状態でしょうし、内定段階では、最終的に違う場所に決定してしまうリスクがあります。工場、学校、鉄道などの新設計画の情報を早い段階で正確に把握することは、残念ながらわれわれ一般の庶民では不可能です。

 

地方都市を避けたい理由

首都圏なら、日本の人口自体が減っていくなか、これからもある程度の人口増加は見込めるのですから、やはり首都圏を中心に考えるべきだと思います。その意味で、私は地方に住んでいる方でも、首都圏の物件をおすすめしています。ただ、地方に住んでいる方が首都圏の物件を購入される際の最大のリスクは、物件を「見張れない」ことです。

 

不動産は管理を買え、といわれるほど、物件の管理状態のチェックは重要です。住んでいる近くならしょっちゅう物件を見張ることが可能ですが、地方に住んでいますと、頻繁に都心まで出てきて見張るということは不可能です。この「見張れない」リスクは、信頼できる業者に管理を任せることでクリアできますが、どうしても自分の目で見張りたいという方には、あえて首都圏の物件はおすすめしません。自分が住んでいる地域であれば、住宅事情に関する地元情報もキャッチしやすいということもあるでしょうから、地方の方が、自分の地域の物件を購入されることについては問題はないでしょう。しかし、地方に住んでいる方が、自分が住んでいない地方都市の物件を購入されたり、首都圏に住んでいる方が地方都市の物件を購入されるのは、あまりおすすめできません。

 

管理を任せる業者が、本当に信頼できる業者かどうかを見極めるのは、簡単なことではありません。その点、ある程度「見張れる」のであれば、管理を任せている業者の仕事ぶりも「見張る」ことができます。都心、城南・城西地区が人気エリアそこで、首都圏でねらい目となるのは、「人気の繁華街に電車一本、それも30分以内に行けるところ」です。大ざっぱにいうと、都心、城南・城西地区です。しかも、最近はより繁華街に近いところのニーズが高まっています。その理由は、実は経済的な理由なのです。景気は回復したといっても、親からの仕送りは増えていません。当然アルバイトをせざるを得ないわけですが、バイト先は居酒屋であったりレストランであったり、とにかく繁華街のど真ん中。しかも帰宅できるのは深夜になるので、終電を気にせずにすむ繁華街の中や、繁華街から近い場所を希望する学生が増えているのです。また、大学以外に法律、会計、情報処理など資格取得のための専門学校に通うという、Wスクールの学生も少なくありません。夜間の授業終了後の帰宅事情から、より繁華街に近いところを指同する傾向は強まっているのです。

 

アパート経営は「安い賃料」が良いのか?

アパート経営の指南書では25㎡以上の物件でなければ、これからは少子化か進んで、ますます【借り手市場】になるから入居者を確保できない、ということをいっているものが目立ちます。

 

しかしこの数字は、学生は圧倒的に交通の利便性と部屋代を重視していることを物語っています。「駅に近い」が20.2%でしかないのは、電車に乗らずに大学に行ける場所であれば、必ずしも駅に近くなくてもかまわないということでしょう。ただし、社会人の場合はオフィスビルが集中している場所が隕られるので、電車に乗らずに通勤というわけにはいきません。とにかく収入が隕られているだけに、「部屋代」はほとんど譲歩の余地がありません。セレコーポレーション、大東建託に相談すれば安心でしょう。

 

そのほか、「新築やそれに近い」がわずか10.3%、「住む部屋の階数」も18.3%です。つまり都心で学生をターゲットにするのなら、古くても、狭くても、1階でも、場所がよくて家賃を6万円以下に設定できるなら、入居者はつくということです。投資用物件を購入するなら、ターゲットは学生と独身社会人の二兎を追え、と述べました。学生よりは独身社会人のほうが家賃負担能力はもう少し高いでしょうから、6万円以下でなければダメだとはいいませんが、物件選びの際にはぜひ、「6万円」という水準を頭に入れておいてください。

 

実際に賃料と立地以外の条件がかなり悪いのに、入居者募集に苦労していない物件を紹介してありますが、いずれも家賃が安いぶん、広さは12〜14㎡とかなり手狭です。限られた予算の範囲でおさめようとすれば、広さはおのずと狭くなります。水回りまですべてひっくるめて7〜8畳なのですから、相当手狭に感じるはずです。大学生協の調査結果の平均(居室部分だけで7.5畳)もかなり下回っていますが、それでも希望の沿線・駅で希望の家賃の範囲内なら妥協できるのです。

 

  • 画像は大東建託・セレコーポレーション公式HP、関連HPより引用しています。
  • 見積もり請求は当該地区で運営している建築会社のみとなります
  • 記事内には「PR」の宣伝活動および、アフィリエイト広告が含まれております。